従業員の手間を省くにはPOSレジを導入しよう

海外で会社を設立する手順

ビル

登記には本店所在地が必要

香港はビジネスに適した都市で、法人税や所得税などの税金が安いため、会社設立をする事でビジネスの幅を広げる事ができます。香港に会社設立をするときに必要になる期間は長くても3ヶ月程度で、資本金は香港のお金で1ドルから可能です。香港で会社設立をするときの手順としては、まずは会社の商号を決めることから始めます。類似の商号がすでに登録されていた場合には、商号を変える必要があるため、会社の商号は3種類くらいは用意しておきます。次に会社の本店所在地を準備することになりますが、賃貸を契約するときには会社が設立されている必要があります。そのため賃貸のオフィスを利用して会社設立するときには、住所貸しのサービスに依頼して会社の住所を登記します。会社の商号と本店所在地が決まったら、法人を登記するための資料を作成します。会社の登記資料を作るときには、発起人は登記を代行して行ってもらう業者になることが一般的です。資本金は1ドルから会社設立が可能ですが、香港で就労ビザを取得する場合には、資本金が影響してくるため資本金は多いほうが良いです。会社の登記資料が完成したら発起人に、登記申請書などの資料を準備してもらって、会社登記所で手続きを行います。会社登記所の手続きでは、資本の登録料として資本金の0.1%が必要になります。会社の登記が終わったら商業登記を行う必要があり、法律によって香港で会社設立を行ってから1ヶ月以内に、商業登記をすることが義務付けられています。