従業員の手間を省くにはPOSレジを導入しよう

商品管理システムの構築法

タブレット

個人用機器を商用利用可能

コンビニエンスストアをはじめとする店舗で商品の販売管理を行うためには、レジスターの使用が欠かせませんが、ほとんどのレジにはposという仕組みが導入されています。店舗内または本部とネットワーク接続されたposレジがあれば、お客様が商品を購入すると同時に、在庫管理や補充タイミングの把握をスムーズに行うことができるのです。データ分析によりを売れ筋商品を知ることもできますし、税率が変更された際の対応も簡単です。購入すれば国から補助金が出るというメリットもあります。大手計算機メーカーが販売するposレジは、画面なしならば3万円台ですが、液晶画面搭載商品は約35万円です。小規模な飲食店などに導入する際は費用の削減が必要ですが、家庭でも使われるタブレット端末をposレジとして使用することができます。2大OSのタブレットであれば3万円前後で購入可能ですし、タブレットを取り付けて使うドロワー・レシート印刷機能付きposレジの相場は5万円台です。タブレットでposを利用するにはアプリのインストールとサービス契約が必要ですが、初期費用は無料で、月額料金も0円で始められます。ただし、無料プランはサポートが有料ですし、売上データの閲覧が過去72時間以内のものに限られるなどの制約があるため、可能なら有料プランを検討してください。タブレット端末用posアプリは3社からリリースされており、月額料金は0円から約12,000円となっています。