従業員の手間を省くにはPOSレジを導入しよう

海外進出をする

握手

特徴とは

インドネシアは、世界4位2億4千万を超える人口を抱える潜在的な成長力を秘めている国です。日本と比較して物価は安く人件費をおさえることができ、マーケット規模が大きいので海外進出先として非常に魅力的です。しかし、いざインドネシアへと進出して事業を展開しようと計画を立てたとしても、相手は外国で気候や風土、国民性が異なるでしょう。また法律や商習慣なども違います。このようなときに、頼れる存在となるのが海外進出コンサルティング会社です。海外進出コンサルティング会社には、ワンストップで海外進出のサポートを依頼できます。海外で事業を行うにあたって、まずその国に自社の製品やサービスのニーズがあるのかという市場調査が必要になります。また、生産拠点を移転させるためには、信頼できるパートナー探し、原材料の調達先の確保、労働市場の調査などが必要です。くわえて、インドネシアには進出して行う事業に対してどのような規制があるのか、どのような許認可が必要かなどの確認も必要です。ですが、海外コンサルティング会社では、このような事業計画の初期段階から解決策を提示します。したがって、インドネシアへの海外進出が本当にメリットのあるものなのかという判断ができます。そのうえ、海外進出を決定してからは会社の登記手続き、事業をスタートさせてからは税務の申告・監査を行ってくれます。加えて会計や人事、労務なども任せることが可能です。また、事業に対する改善策の提案も業務となっています。ですので、インドネシアでの事業を円滑に行うことができ、事業を軌道に乗せるまでのランニングタイムの短縮が可能となります。このように海外進出の際に大いに活用したいコンサルティング会社ですが、依頼する際は基準を持って選択することが重要です。インドネシアに拠点を持っているのか、得意としている分野、実績などを確認しておきましょう。