従業員の手間を省くにはPOSレジを導入しよう

タブレット

商品管理システムの構築法

ネットワークに接続されたposレジを使えば、商品を販売すると同時に在庫管理やデータ分析を行えます。約3万円の家庭用タブレット端末にposアプリをインストールして利用することも可能です。月額利用料は0円からで、最高でも約12,000円となっています。

経営戦略を立てやすくする

レジ

詳細な売上げ管理に生かす

飲食店や小売店などで導入されているのがPOSレジです。スーパーやコンビニなどでよくみかけるようなレジのことで、バーコードを読み込むことで瞬時に情報をコンピューターに登録することが出来て、詳細な情報管理等が行えます。POSレジのメリットは単にどの商品がいくら売れたかだけでなく、商品の細かい分類や販売時間、天気による影響や顧客の年代層など、あらゆる情報を網羅することができます。POSレジから得られた販売情報を生かすことで売上げ向上のために、商品のラインナップを変えたり価格を下げるなど、様々な経営戦略を立てることができます。販売情報は全てコンピューターで管理されていますから、様々な条件で売上げデータを呼び出して比較分析して業務に生かせます。また、手打ちのレジや販売管理ができないレジと異なって、スピーディーな会計業務が行えますから、人員の削減や業務の効率化にも役立ちます。商品管理の面からもPOSレジはいつどの商品が売れたかがリアルタイムで解りますから、在庫管理がしやすくなり、不要な在庫を抱えなくてすみます。商品の回転率を上がるのにも効果的で、不要在庫が少なくなれば余分なスペースも不要となり、他の目的に場所を使えるようになります。POSシステム同士をネットワークでつないで管理可能ですから、他店舗の売上げを見たり管理したりすることも可能となります。お互いに情報の共有ができますから、会社全体の売上げ戦略を立てやすくなります。

握手

海外進出をする

インドネシアでの事業展開に、コンサルティング会社の提供しているサポートは大いに役立つものです。コンサルティング会社では、市場調査の段階から海外進出の支援をします。くわえて、事業を開始してからも会計、税務の申告・監査、労務管理、事業に対するコンサルティングと業務は多岐にわたります。

ビル

海外で会社を設立する手順

香港で会社設立を行うときの手順は、会社の商号を決めて本店所在地を用意することから始めます。賃貸のオフィスを借りるときには会社が設立されている必要があるため、会社のオフィスを賃貸にする場合には、住所貸しのサービスを利用します。